急にお金が必要になったら使える6つの方法

現金調達法

急にお金が必要になった。

現金が欲しい。

このようなワードを検索すると、カードローンやキャッシングといった方法が多くヒットします。

確かに、カードローンやキャッシングは、使い方によっては柔軟に現金を調達できる良い方法です。しかし、急ぎでお金を用意できる方法は、キャッシングやカードローンだけではありません。ほかに6つの方法があるのです。

金欠時に使いたい。急にお金が必要になった時に使える6つの方法を解説します。

急にお金が必要になったら使える!6つの方法とは

現金

すぐにお金を手に入れる
6つの方法

急にお金が必要になった時に使える方法は6つ

次のような方法です。

  • 家族や友人に借りる
  • 即日払いのアルバイトをする
  • 給与の前借をお願いする
  • フリマや中古買取の利用
  • 緊急小口資金
  • クレジットカード現金化

1.家族や友人に借りる

現金を手にするまで最速を誇る可能性が高い方法が「家族や友人にお金を借りる」という方法です。側に家族や友人がいれば、

「お金を貸して」

「いくら?」

「〇万円」

こんなカンタンなやり取りで即座に借りることもできます。

ただし、家族や友人との信頼感が物を言うため、以前に借りたお金を返していなかったり、お金や時間にルーズであったりする場合は、借りることが難しい可能性も。さらに、借りた後に、貸し借りが原因で関係に亀裂が入るリスクも。

2.即日払いのアルバイトをする

インターネットでは、いろいろな副業やアルバイトが紹介されています。仕事の幅もかなり広がっており、週単位で稼げる仕事から月単位で稼げる仕事まで様々です。

中には、日単位で稼げる仕事もあります。日単位で稼げる仕事は、その日に給与(報酬)が支払われることが多いため、急いでお金を調達する時に有用です。

「インディード」や「マイナビ」などの求人サイトで日払い系のアルバイトを見つけることができます。軽作業や覆面調査、モニター、フロアスタッフ、イベントスタッフなど、仕事の内容も様々です。

自分のやりたい日払い仕事を見つけることができれば、楽しみながら現金調達できますよ。

3.給与の前借をお願いする

会社の上司と友好的な関係を結んでいる場合や、会社が給与関係に対し柔軟な対応をしている場合は、給与の前借に応じてくれる可能性があります。

労働基準法25条には「労働者の出産や疾病、災害などのケースにおいては給与支払い日前であっても既に働いた分の対価を払うべし」という定めがあるのです。事情や会社側との相談次第では、前借が認められることがあります。

ただし、全てのケースにおいて給与の前借が認められるわけではありませんし、お金の使い方や管理ができない人だとも思われてしまいますから注意が必要です。

4.フリマや中古買取の利用

フリマアプリやオークションサイトでいらないものを売却することもお金を調達できる方法の1つ。

自宅のいらないものを仕分けし、不用品ごとの相場を利用先のサイトやアプリでチェックします。相場を考えて価格やオークションの設定をして、売却スタート。

フリマアプリやオークションサイトは、自分が想定している価格以上で売れる可能性があるという魅力があります。不用品を処分でき、お金も調達できる。一石二鳥です。

不用品でお金の調達ができる方法には、中古買取の利用もあります。

中古買取とは、中古品を買ってくれるお店に不用品の買い取りをしてもらい、お金を調達する方法です。

店舗に持ち込みすれば、現金で即日買取をしてくれるお店もたくさんあります。フリマアプリやオークションサイトより素早く現金を調達できるというメリットがあるのです。

5.緊急小口資金

各自治体には、緊急小口資金という制度があります。

緊急小口資金とは、低所得者世帯が緊急にお金を要する時に貸してくれる制度のことです。借入可能額は数万円から10万円程度になります。金額については、自治体に要確認のこと。

緊急小口資金などの制度には、借り入れのための条件が設定されています。条件さえ満たしていれば、有効活用したいものです。「国や自治体の制度だ」という安心感があるため、借りやすいのではないでしょうか。

6.クレジットカード現金化

急にお金が必要になったら「クレジットカード現金化」という有用な方法もあります。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を調達する方法です。

クレジットカード現金化の利用方法は、「クレジットカード現金化業者が指定する商品をクレジットカード決済で買うこと」になります。決済の確認が取れたら、現金化業者からお金が支払われるという流れです。

クレジットカード現金化の手順は

STEP.1
現金化業者に申込みする
現金化業者のサイトから申込みします。電話でも申し込みできますがサイトから入力して送信するほうが簡単です。
STEP.2
本人確認や申込み内容の確認
申込み内容の確認と本人確認が行われます。身分証明書などの提示が必要ですから、業者の指示に従って提出しましょう。
STEP.3
ネットショッピングをする
業者が指定したサイトで指定された商品をネットショッピングします。クレジットカード決済を選択します。
STEP.4
決済後、現金受取り
業者側でカード決済が確認できれば、自分の口座に現金を振込みしてもらえます。
 
ここで大切なのは、「優良業者」を選ぶことです。優良業者はしっかりと疑問に答えてくれ、現金化のサポートも手厚く行ってくれるため、現金調達の初心者でも使いやすい方法です。

クレジットカード現金化は換金率とスピードが優秀

カードとお金

カード現金化は
換金率とスピードが優秀

クレジットカード現金化で現金を調達する時は、換金率やスピードに注目して業者を選びましょう。

クレジットカード現金化は換金率によって現金の受取額が変わります。この換金率は、業者によって異なります。換金率が高いと、それだけ多くの現金が手に入ります。お金が必要なのですから、手数料などで多く差し引かれてしまっては意味がありません。換金率は注目したいポイントです。

スピードも注目したいポイントになります。急にお金が必要なのに、何週間も待たされては大変ではないでしょうか。優良な現金化業者は即日振込み対応しています。

スピードや換金率に注目して、よりスピーディにお金を手に入れられるよう優良業者を選んでくださいね!