自分でやるクレジットカード現金化の方法5つを比較

5つの方法を比較してみました

「カード現金化をしたいけど、どんな方法があるかわからない。。。」

「いろんなやり方があるみたいだけど結局どの方法がいいのかわからない。。。」

「簡単で換金率の良いカード現金化の方法が知りたい!」

そんな風に思っていないでしょうか。

カード現金化の手法はいままで数多く考えられてきましたが、その多くが一時的なものであったり、規制により使えなくなってしまいました。

この記事では、現時点での状況を考慮した上で、今でも通用して、なおかつ有効性の高いカード現金化の方法を5つピックアップしてご紹介したいと思います。

また、カード現金化の方法を選ぶ際の指標となるように、換金性・即時性・安全性・利便性を基準に評価させてもらいました。

カード現金化を実行する際の参考になれば幸いです。

換金性 どれだけ高い換金率で現金化できるか、手元にどれだけ現金を受け取れるかの指標
即時性 現金化を思い立ってからどのくらいの時間で現金が受け取れるかの指標
安全性 カード利用停止などのトラブルや被害のリスクに関する指標
利便性 カード現金化を実現するために掛かる手間の多さや難易度についての指標

最新の自分でやるクレジットカード現金化5つの方法

カードとお金

クレジットカード現金化!
最新ベスト5!

①新幹線回数券を使ったカード現金化

新幹線の回数券の現金化は、古典的な方法ですが、やり方は至って単純です。

STEP.1
クレジットカードで新幹線の回数券を買う
みどりの窓口などでクレジットカードで新幹線の回数券を購入します。
STEP.2
金券ショップで換金する
主要駅前など大都市の金券ショップは換金率が高い傾向にあります。直接ショップに持ち込んで換金しましょう。いくつか店舗を回って見積りを出してもらい、高換金率のショップに買い取ってもらうと損しませんね。

予め金券ショップで買取価格を確認してから、JRのみどりの窓口へ行き該当する区間の新幹線回数券をクレジットカードで購入するのがオーソドックスなやり方です。

換金率は高く安定していて、90%〜98%ほどで即日換金してもらうことができるのが特徴です。

また、日本中どこでも、繁華街や主要なターミナル駅の近くに行けば金券ショップがあることから、汎用性、実現生の高い現金化の方法として知られています。

新幹線回数券を使ったカード現金化の注意点

一方で有名な方法であるがゆえに、カード会社からの監視は年々厳しくなっています。
当サイトへ寄せられる情報でも、一回やっただけでカードが利用停止されたという方も増えています

カードが停止されると、残債の一括返済を求められるのと、さらに新規でのカード発行ができなくなるというリスクがあります。

カードが作れなくなると日常生活にも支障をきたしますので、危険性の高いスキームとしては、慎重な利用が求められます。

換金性 即時性 安全性 利便性 おすすめ度

 

新幹線の回数券・切符でクレジットカード現金化する方法
新幹線の回数券の現金化はカード利用停止の可能性あり?

②カード会社発行のギフトカードを使った現金化

カード会社が発行するギフトカードの換金も、現金化の方法として知られています。

カード会社は、各カードブランド毎にギフトカードを発行していて、それぞれ公式サイトから自社のクレジットカードで購入することができます。

【 カード会社発行ギフトカードの購入時に使えるクレジットカード 】

ギフト券名 使えるクレジットカード 公式サイト
JCBギフトカード JCBカード JCBギフト公式サイト
VJA(VISA)ギフトカード 三井住友VISAカード
Mastercard
etc
VJAギフト公式サイト
三菱UFJニコスギフトカード MUFGカード
UFJカード
DCカード
NICOSカード
三菱UFJニコス公式サイト

 

JCBギフト券を利用したクレジットカード現金化方法
VJA/VISAギフトカードを利用したクレジットカード現金化方法
三菱UFJニコスギフトを利用したクレジットカード現金化方法

 

購入したギフトカードは、金券ショップで買い取ってもらうことができ、換金率も95%ほどと高換金率です。

カード会社発行のギフトカードを使った現金化の注意点

デメリットとしては、駅などで買える新幹線の回数券と違い、ネットでの注文になるので、発送手数料440円(JCBギフトカード)が別途かかるのと、手元に届くまで2営業日から1週間程度はかかる点です。

チケットポートなど一部のチケット店では、該当のクレジットカードであれば、その場でカード決済してギフト券を購入できますが、購入できる店が限定されるなど、実現性の面でやや不安が残ります。

チケットポート店舗情報

つまり、ギフトカードの現金化は、即日で換金したい場合などには向かない方法といえます。

また、使えるクレジットカードも、銀行など信販系が発行しているクレジットカードに限られるので、楽天カードやファミマTカードなどの流通系カードには向かないという欠点もあります。

カード利用停止のリスクについてですが、大量購入によるカード停止の報告はありますが、新幹線回数券とは違い、自社が発行している金券であることから、新幹線の回数券と比較すると、やや監視がゆるいという印象です。

換金性 即時性 安全性 利便性 おすすめ度

③デジタルギフト券(Amazonギフト券 / iTunesカード)を使った現金化

Amazonギフト券などのデジタルギフト券は、最近の現金化手法として人気を集めています。
それはAmazonギフト券が、現金化向きの性質を備えているからにほかなりません。

現金化向きの金券の条件は、

  • 金券としての価値(人気)が高いこと
  • クレジットカードで買いやすいこと

です。

Amazonギフト券は、これらの条件を備えている上に、デジタルギフト券特有の受け渡しのしやすさという性質も合わせもっています。

紙の金券の場合、売り買いする時に買取店へ持っていったり、郵送したりといった手間がかかりますが、Amazonギフト券の実態はコード番号ですので、メールなどで手軽に受け渡しが可能です。

Amazonギフト券の他に、iTunesカード、GooglePlayギフトカードなども同様です。

このような背景から、Amazonギフト券を始めとしたデジタルギフトカードが現金化の手段として使われるようになりました。

【 Amazonギフト券の現金化の方法 】

STEP.1
Amazonギフト券Eメールタイプを購入する
Amazon公式サイトでEメールタイプのAmazonギフト券を購入します。
カードタイプなど紙タイプは発送などの手間があったり、買取店では換金率が低くなることがあります。Eメールタイプはメールで買取業者に送ることができ、スムーズに買取できます。換金率も一番高換金率で買取りしてもらえます。
また、Amazonギフト券は公式サイトでクレジットカードで購入することができます。
STEP.2
Amazonギフト券買取サイトに申込みをする
金券ショップのような店舗で買取している業者はまだまだ少なく、Amazonギフト券を売るならネットの買取業者に申込みしましょう。
買取サイトはたくさんありますので、換金率が高く優良な業者を選びます。口コミや評判なども参考に業者を選び、業者サイトの申込みフォームに入力して送信します。
STEP.3
本人確認や申込み内容の確認をする
折り返し業者からメールか電話で連絡がきて、身分証の写メを送ったり、ギフト券買取の手順など説明があります。
STEP.4
EメールタイプのAmazonギフト券を送る
業者から指示があったら、メールでAmazonギフト券を送ります。
STEP.5
現金が振込みされる
業者のほうでAmazonギフト券の確認が取れ次第、自分の口座に現金を振込みしてもらえます。

Amazonギフト券のコード番号自体は、すぐに発行されメールで送られてきますし、買取もコード番号を送れば即日振込みしてもらえます。
営業時間内の利用であれば、即日に換金できる現金化の手法です。

Amazomギフト券の換金率は85%前後くらいで、新幹線の回数券やカード会社発行のギフト券に比べるとやや劣ります。

デジタルギフト券(Amazonギフト券 / iTunesカード)を使った現金化の注意点

換金率が不安定で、買取業者によっても違いますし、時期によって買取率が大きく変動するのもこの方法の注意点です。

カード利用停止のリスクについてですが、ギフト券のカード購入時の履歴は、Amazonでの買い物による通常決済と同様なので、カード会社による監視の目をかいくぐることができるという説が濃厚でした。

しかし、最近になって、新しいクレジットカードであったり、クレヒスの弱いカードで高額のAmazonギフト券を購入すると一発でカードが利用停止になるという報告が寄せられるようになりました

これは、新幹線の回数券同様、カード会社がこの方法を見過ごすことができなくなって監視を厳しくしているという背景があるようです。

amazonギフト券を現金化目的で換金するとカードの利用停止される?
換金性 即時性 安全性 利便性 おすすめ度

④ケータイ払い枠(キャリア決済)を使った現金化

ケータイ払い枠は、通称キャリア決済と呼ばれるもので、正式にはそれぞれ、通信会社ごとに以下のような名前で提供されています。

通信会社 キャリア決済
docomo ドコモ払い / d払い
au auかんたん決済
ソフトバンク ソフトバンクまとめて支払い

このキャリア決済を現金に換える方法があるのです。

キャリア決済で商品を購入すると、支払いが翌月の携帯料金と一緒に引き落とされることになります。
つまり、後払いで買い物ができる仕組みです。

キャリア決済で高く売れるものを購入して転売すれば現金が手に入ります。

与信や金融審査とは無関係に、各ケータイ会社と契約をしているというだけで利用できるので、クレジットカードの枠とは別に利用できる、現金調達方法として注目を集めています。

各ケータイ通信会社と契約していれば、だれでも使うことができる制度ですが、利用金額には上限もあります。
年齢やケータイの利用状況によって変わりますが、だいたい3万円〜5万円くらいが平均で、上限は
10万円です。

各ケータイのマイメニューから利用限度額の確認や増額の設定ができます。

当初は、ケータイ払い枠を現金化する専門の業者もいましたが、ケータイ払いをチャージできるプリペイドカードが各社から発行されると、業者に依頼するメリットはなくなりました。

【 ケータイ払いをチャージできるプリペイドカード 】

STEP.1
上記プリペイドカードにキャリア決済でチャージする
それぞれ公式サイトを参考にプリペイドカードにチャージします。
STEP.2
プリペイドカードで換金性の高い金券類を購入する
チャージしたプリペイドカードを使って、Amazonギフト券など各種金券類を購入します。Amazonギフト券Eメールタイプはプリペイドカードを使って購入できます。
STEP.3
買取店や買取サイトに転売する
購入した金券類または換金性の高いものは、それぞれ専門の買取店や買取サイトに依頼して換金します。
auかんたん決済・auWalletを利用したクレジットカード現金化
ソフトバンクまとめて支払で現金化する手順・注意点をチェック

 
キャリア決済枠の上限は10万円です。

それ以上の現金調達はできませんが、クレジットカードとは別枠の現金化手段なので、カードのショッピング枠・キャッシング枠がいっぱいでも、そもそもカードが使えない状態でも利用できるという点では、貴重な代替手段と言えそうです。

ケータイ払い枠(キャリア決済)を使った現金化の注意点

クレジットカードでも言えることですが、ケータイ代金の支払いが滞ったりすると、ケータイ払いの枠は使えなくなります。

ただ、カードと違い金券購入時の監視が厳しいというわけでもないので、ケータイ払いの残高さえ残っていれば、金券類の購入に支障はありません。

換金性 即時性 安全性 利便性 おすすめ度

⑤現金化業者を使った現金化

現金化業者というのは、前述で紹介したようなクレジットカード現金化のスキームを一括で手続きしてくれるサービスのことです。

昔からある店舗型の業者の他に、最近では、ネット型の現金化業者もあります。

一般的に、店舗型よりも無店舗型のネット專門業者の方が手数料が安く済むという特徴があります。

自分で現金化する場合、少なくとも金券の購入と、金券の買取をそれぞれ別々に手続きしなくてはいけませんが、買取業者は購入時のことには一切関知しないし、金券の販売者は買い取りについて責任をもってくれないというのが基本的なスタンスです。

ですから、「○万円必要だから、○○ギフト券を○円分買う」という判断も自分ですることになります。

そうした面倒な現金化の手続きを一箇所でまとめてやってもらえるコーディネーター的な役割が、現金化業者の存在意義ともいえます。

【 現金化業者の利用手順 】

STEP.1
現金化業者のホームページから申込みをする
現金化業者はたくさんあります。必ず優良業者を利用するようにしましょう。こちらも評判や口コミなどを参考に業者を選定して申込みしてください。
STEP.2
折り返し連絡がくる
業者から本人確認や申込み内容の確認、手順などの説明があります。指示に従って手続きします。
STEP.3
ネットショッピングをする
業者から指定されたサイトでネットショッピングをします。支払いはクレジットカード決済を選びます。
STEP.4
現金が振込みされる
業者側でクレジットカード決済が確認でき次第、自分の口座に現金を振込みしてもらえます。

カード決済が終われば、指定の金額を口座に振り込んでもらえます。

現金化業者の場合、はじめからカード現金化をする目的で利用していますので、自分でやる現金化と違って、途中で手順を間違えたりとか、どうすればいいかわからなくなるといった失敗はなくなります。

換金率については、ネット專門の現金化業者であれば、換金率相場も80%~と高く、即日振り込みでその日のうちに現金化することが可能です。

現金化業者を使った現金化の注意点

現金化業者を使うデメリットとしては、あいかわらず悪徳の業者が後を立たずトラブルになるケースが多いという点です。

  • 振り込み金額が説明されたものと違う
  • 振り込みまでに何日も待たされる
  • 個人情報を悪用される
  • 利用を断ってもしつこく勧誘してくる
  • カード会社にバレてカードが止められる

 
などのようなトラブルが報告されています。
また、繁華街で看板を出している店舗型の現金化業者によくあるのですが、一度入ったら契約するまで帰してくれないというケースも報告されています。

このようなトラブルに合わないためには、店舗型の業者や無名で怪しい業者は利用しないのが鉄則となります。

良い業者は、ある程度運営歴も長くて、リピーターが多いのが特徴です。
当サイトでも特に人気の高いネット專門の現金化業者をご紹介していますので、利用の際はこちらから選んでいただくことをおすすめします

換金性 即時性 安全性 利便性 おすすめ度