現金化には本人確認がある?

身分証明

ちょっとお金に困った時に便利なのがクレジットカード現金化です。
審査がなく、簡単に現金を手に入れることができる方法ですが、現金化業者を利用する時、本人確認は必須です。

どの現金化業者を利用しても本人確認があります。

この本人確認はなぜ行われるのでしょう。また、どのように本人確認が行われるのでしょうか。

本人確認をするワケ

クレジットカード現金化業者では必ず本人確認が行われます。
これは、「不正なクレジットカード利用を防ぐ目的」「法律で本人確認することが義務付けられている」ことから実施されています。

第三者のクレジットカードを不正に手に入れて利用している可能性もあります。
もし第三者のクレジットカードだった場合、業者自身もクレジットカード会社からなんらかの問い合わせ等があるでしょうし、事件に巻き込まれるのを防ぐためにもクレジットカードと身分証を照合して確認します

また、現金化業者では古物営業法によって取引されているところもあり、その場合、法律によって利用者の名前や住所等を確認する決まりとなっているため、本人確認証の提出が必要なのです。

本人確認証とは

本人確認をするため、以下のものが必要になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • など

一般的な身分証と呼ばれるものなら使えるでしょう。
顔写真のないものは、2つ以上の提出が求められる場合もあります。

また、このような身分証を持っていない場合、公共料金の請求書住民票でも認めてもらえる可能性がありますので、業者に問い合わせてみましょう。

本人確認はどのような方法か

本人確認はどのような方法で行われるのでしょう。

    身分証のコピーを郵送する
    身分証を写メで送る

最近は写メで送る人が増えています。簡単にすぐ送ることができるため、即日現金化が可能です。

現金化というサービスだけに身分証の提示をすることが不安になる人もいるでしょう。
個人情報が悪用されないか流出しないか心配になりますよね。

しかし、業者もカードが悪用されることを防止するためや法律にのっとり本人確認を行っているため、優良業者は個人情報の管理は徹底しています。

まれに悪徳業者もいますが、一般的な現金化業者はきちんと管理していますから、安心して利用しましょう。