家族などに知られずに現金化できる?

女性 内緒

お金が必要になっても、家族や友人にはお金の相談ってしずらいものですよね。

そんな時にクレジットカード現金化は便利ですが、利用する際は家族にバレたくないと思う人が多いでしょう。
でも同居している家族がいれば、バレやすくなります。

家族にバレずにカード現金化をすることができるでしょうか。

家族に知られずに現金化できるか?

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を現金に換えるものです。
毎月届くカードの明細書に現金化した内容が記載されますが、クレジットカード現金化という記載はされません。

現金化業者はカードの決済を代行業者に依頼しています。
代行業者を挟むことによって、現金化や商品名は明細に記載されません。

明細をみても現金化をしたことは一目では分かりません。ですから家族にはバレにくいですが、明細をみられたら日付や金額から家族に質問されることはあるでしょう。

その際、きちんと答えられる理由を用意しておかないと問い詰められてしまうかもしれません。
家族カードなど家族が所有しているクレジットカードでやるのは難しいです。

バレたくないなら、明細等見られることのない自由に使えるカードを持つしかありません。

また、web明細にしたり、家族に見られることのない口座を用意する必要もあります。自分で管理できるクレジットカードと自分専用の口座があれば家族にもバレずに現金化できるでしょう。

また、本人確認の際はスタッフから電話がきます。
電話の時間帯は選ぶことができ、家や会社にいても現金化サービス会社名ではなく、担当者の個人名を名乗って連絡してくるので安心です。

現金化はネットショッピングを利用するものなので、家に商品が届きます。
小包なので受け取りやすいものですが、家族が受け取ってあけてしまったら、バレてしまう可能性があります。自分が家にいる時間に配送を指定するか、配送会社の営業所受取で指定することもできます。

家族に知られたくない場合は、商品の受け取りにも注意が必要です。

絶対に知られたくないなら

家族に絶対知られたくないなら以下のようなことに注意しましょう。

バレずにクレジットカードを作る

家族に現金化を知られないためには、家族の知らないクレジットカードを使って行うようにしましょう。
もし、持っているカードが全て知られていて明細まで確認されているようなカードならバレてしまいやすいですね。

新たに内緒でクレジットカードを作ってみてはいかがでしょう。
手続き後、郵送で届くことが多いので自分が家にいる日を指定したほうが良いでしょう。もし、指定できないなら会社などを発送先に選んでおくと安心ですね。

見られることのない通帳(口座)が必要

こちらもクレジットカード同様、家族が知らない口座を準備して、現金化の受け取り口座にしたり、クレジットカードの引き落とし口座などに指定しましょう。

家族が知っている口座を使ってしまえば、記帳した時に、現金が振り込まれたり、カードの引き落としがされたり家族は身に覚えのないことばかりで焦るでしょう。最終的にはあなたが問い詰められます。

家族にこっそり通帳を作っておきましょう。
ただ、キャンペーンやお知らせなどで、その口座を作った金融機関からハガキなどが届くこともあります。

それでバレてしまうこともありますから口座開設時、DMはいらないと設定しておいたほうが良いでしょう。

バレないよう保管しておく

通帳やクレジットカード、現金化した時に届いた商品等は家族にバレない場所へ保管しておきましょう。だれも開けないようなクローゼットや実家の自分の部屋など、絶対に見つからない場所が良いですね。

使う時は少額にする

現金化でクレジットカードを利用する場合、少額決済が良いですね。返済のこともありますし、高額のほうが換金率が得だからと返済できないような金額で申し込むのはやめましょう。

督促がきて家族にバレる可能性もあります。

自分が返済できる額で利用頻度もなるべく控えましょう。