カード現金化では何枚ものクレジットカードは使える?

クレジットカード 複数枚

まとまった現金が必要な時、何枚かクレジットカードを利用して現金化したい場合もありますよね。

クレジットカードのショッピング枠の残高が少ない場合、複数枚のクレジットカードを合わせて現金化することはできるのでしょうか。

カード現金化は複数枚のクレジットカードが使える?

カード現金化は複数枚のクレジットカードが使えます。
流れが通常のネットショッピングのようなものなので、クレジットカードは何枚でも利用して使うことができます。

現金化サービス会社は、カードの枚数分だけ、それぞれ処理をすることになります。

また、クレジットカードが本人のものであるか確認するため、身分証明とともにカードを写メで送りますが、カードの枚数分送らなくてはならないので、枚数が増えると少々手間です。

そして現金化する際、指定された商品をネットショッピングしますが、これもカードの枚数分決済しなければなりません。

現金化サービス会社が指定する商品をカードの枚数分、ネットショッピングしなければならないのです。

このような手間は増えますが、何枚ものカードを決済することは可能です。

複数枚のクレジットカードを利用する際の注意点

返済が大変

何枚ものクレジットカードを利用するとなると、けっこうな高額だと推測できます。
返済方法は一括だけでなく、分割やリボを選ぶこともできますが、高額分を返済するのは大変です。

基本的に複数枚のカード利用は避けるべきですが、どうしてもお金が必要で現金化する際は、返済計画をきちんと立てたうえで利用しましょう。

決済手数料が高くなる

クレジットカードを決済する際には、決済手数料が必要となります。これは通常のショッピングでも同様にかかるものです。

この決済手数料はカード会社に支払うもので、複数枚決済するならそのカードの枚数分かかります。

この決済手数料を利用者負担にしている現金化サービス会社もあるため、その場合は費用が高くなります。
カードごとにかかるので、枚数が増えると損です。

手数料込みで換金率を表示している業者もありますが、その場合、換金率以外には費用は発生しません。
手数料等が含まれているので、分かりやすいですね。