カード現金化はいくらまで申し込みができる?

パソコン クレジットカード スマホ

カード現金化を考えるとき、上限などいくら分利用することができるのか気になるところです。
まとまったお金が必要な時など、上限があれば現金化できないかもしれません。

また、下限もいくらからになるのでしょう。

カード現金化の上限額は?

カード現金化をする際、上限額はありません。
いくらでも現金化することができます。

上限額は現金化サービス会社がそれぞれ設定していますが、上限なしとしている会社が多いです。
ですから、まとまった現金が必要になっても安心です。

ただし、カード現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用します。
このショッピング枠はカードを作った際に上限が決められており、その範囲内で買い物ができます。

ですからカード現金化も、このショッピング枠内で現金化ができます。
クレジットカードの上限額が現金化できる上限額ということです。

もし、上限額が50万円で20万円ショッピングに使っていたら、現金化に使えるのは残りの30万円ということになります。
残高がいくら残っているのか事前に確認しておく必要があります。

カード現金化の下限額は?

あと少しだけ現金が必要な時もあるはずです。例えば給料日前。
臨時出費が多い月は生活費が足りなくなることもあるでしょう。

そんな時にもカード現金化は使えますが、下限は1万円からと設定している現金化サービス会社が多いようです。
換金率がかかるので、1万円で申し込むと8千円から9千円が受け取れることになります。

1万円を受け取るのであれば、換金率分を上乗せして支払うことになります。

現金化サービス会社ごとに金額は決められていますが、下限を千円としているところもあれば5万円からとしているところもあります。
少額の現金化を希望するなら、利用する前に現金化サービス会社に聞いてみましょう。

換金率は現金化サービス会社が設定しています。換金率の高い、優良な現金化サービス会社を利用しましょう。

カードの残高の確認方法

クレジットカードの残高を確認する方法は3つあります。

  • コールセンターに電話して確認する
  • 毎月届く請求書の利用可能額欄に記載されているので確認する
  • カード会社のサイトの会員ページからログインして確認する

ショッピング枠は、収入や家族構成などからカード会社がそれぞれ決めています。
もともと低く設定されている人もいると思います。

もし、ショッピング枠を上げたい場合、増額申請をすることができます。
増額申請すると、再度審査が行われ、カード会社側が増額しても良いという判断をした場合に、増枠してもらえます。

これまで支払いの遅延や滞納などがある場合、審査は通りづらくなります。
クレジットカードは一旦カード会社が立て替えてお店に支払ってくれ、あとでカード会社に返済するわけですから、収入に見合わない増額はしてもらえません。