クレジットカード現金化でカードが利用停止される場合と対処法

カードの利用停止

クレジットカード現金化は、軽い気持ちで利用してしまうとクレジットカードの利用停止を招きます。どんな方法も、使用用法を守って行うことが重要です。
クレジットカード現金化を利用したい人のために、利用停止されるケースや利用停止されない方法について解説します。

自分以外が原因でカード利用停止になった場合

クレジットカードとお金

自分以外が原因の場合

自分以外が原因でカード利用停止になる具体的なケースは2つです。

クレジットカードの盗難の疑いがあって停止した

クレジットカードを盗まれてしまった。空き巣に入られて、不正利用されてしまうリスクがある。このようなときに、クレジットカードを停止可能です。

停止自体は自主的なものですが、止まっている間はクレジットカードを利用することが難しくなります。

原因とカードが止まっていることを自分がわかっているケースです。

不正利用を疑われてカード利用停止になった

クレジットカード会社側は、クレジットカードの利用を監視しています。他者の不正利用だと疑わしい使用があれば、クレジットカード会社側の判断で利用停止することも。

カードを使おうとして、使えなかった。そんなときによくあるのが、このカード会社側の判断によるカード利用停止です。

自分が原因でカード利用停止になった場合

クレジットカード 店舗

自分が原因の場合

クレジットカードには、自分が原因で利用停止になるパターンも存在します。具体的なケースは3つです。

クレジットカードの使用分を払っていない

クレジットカードの使用分は一括で決まった日に引き落としされる仕組みです。

口座残高不足や踏み倒しなど理由はさまざま。理由にかかわらず、使用した分を払っていない場合はカード利用停止の原因になります。

クレジットカードの利用限度額を超えてしまった

クレジットカードは、発行時に枠(利用限度額)が決められます。ショッピング枠が30万円の場合は、30万円を超えてしまうとカード利用できません。

使った分をカード会社に支払えば枠が回復します。枠を使い切った状態で使おうとしても、基本的に使えません。

カードの利用規約違反が原因である

クレジットカードには利用規約が定められています。

利用規約違反はカード利用停止の原因です。クレジットカード会社側から利用規約違反だと判断された場合は、カード利用停止措置が行われます。

クレジットカード現金化をしたことが原因の場合

クレジットカード

クレジットカード現金化
したことが原因

クレジットカード現金化で利用停止や確認の連絡がされるよくあるケースは3つあります。

  • 金券などの換金性の高い商品を頻繁に購入している
  • クレジットカードで高額決済を行った
  • クレジットカード現金化に特定のカードを利用した

金券などの換金性の高い商品を頻繁に購入している

クレジットカード会社は、顧客のクレジットカード決済状況を監視しています。覗き見というわけではありません。不正利用と疑わしい利用がないか。クレジットカード現金化ではないか、チェックするためです。

チェックの中で「これは不正利用ではないか」「クレジットカード現金化ではないか」と疑われてクレジットカード利用停止されるのは、金券などの換金性の高い商品を頻繁に購入しているケースです。

金券を購入すること自体は、規約違反でも何でもありません。ちょっとしたギフトなどで、アマゾンギフト券を購入する方も少なくないことでしょう。

しかし、換金性の高い金券の購入があまりに頻繁だと、クレジットカード会社側はギフトなどの目的ではなく不正利用や現金化ではないかと勘繰ります。

勘繰りが原因となり、クレジットカード利用停止に繋がるわけです。

コンサートや演劇が好きで頻繁にチケットを決済していたら、うっかり利用停止されてしまったなどの体験談はよくある話。チケットも換金性が高いからです。

クレジットカードで高額決済を行った

クレジットカードで高額決済を行うことも、利用停止のリスクを高めます。

クレジットカードは決済するためのカードで、決済自体は何もおかしくない利用方法。ですが、高額商品の決済は不正利用やクレジットカード現金化のリスクが高いため、クレジットカード会社側で念のために利用停止という措置を取ることがあります

本人が行う普通の決済でも「念のため利用停止」が発動する可能性があるため、注意が必要です。

特にショッピング枠ぎりぎりの高額商品の決済や、同じものをまとめて決済するなどのケースでは、カード会社の「念のため」が原因で利用停止されやすくなります。

クレジットカード現金化に特定のカードを利用した

クレジットカードの利用状況の監視は、会社によってかなり違います。どの会社も不正利用をブロックしようと頑張っていることは同じ。ただ、中には反応が過敏なカードもあります。

反応が過敏で利用停止されやすいクレジットカードを現金化に使うのは、非常にリスクの高いことです。

反応が過敏で、よくクレジットカード利用停止措置を取ることで有名なのは三井住友銀行の提携クレジットカード。

三井住友銀行と提携しているクレジットカードで高額商品や金券、チケットなどを決済したばかりに「急に利用停止された」という経験をした人はかなりの人数に上ります。

反応が過敏ですぐに利用停止するクレジットカードを避ける。あるいは、使う時は使い方に気をつける。とても重要なことです。

クレジットカード現金化で利用停止されない方法3つ

クレジットカードとお金

利用停止されない
3つの方法

さまざまな原因やケースにより、利用停止される。だからこそ、クレジットカード現金化には注意を払う必要があります。

利用停止を避けるために知っておきたい方法は3つです。

  • 同じものを頻繁にクレジットカード決済しない
  • 高額決済をする時はショッピング枠ぎりぎりを避ける
  • クレジットカード現金化業者を選ぶ

同じものを頻繁にクレジットカード決済しない

同じものを頻繁にクレジットカード決済していると、クレジットカード会社の監視者の目に留まりやすくなります。

たとえば、アマゾンギフト券を1日のうちに何度も決済している。1時間のうちに、チケットを複数回購入している。このような決済を行っていると、クレジットカード利用停止のリスクが極めて高くなります。

決済は時間を置いて。特に金券やチケットは、頻繁に決済しないように気をつける。利用停止されない方法として重要です。

高額決済をする時はショッピング枠ぎりぎりを避ける

全ての高額決済でクレジットカード利用停止措置がなされるわけではありません。

高額決済の全てで利用停止措置がなされていたら、家電の購入などにはクレジットカードがなかなか使えなくなってしまいますね。高額決済の中でも、特にクレジットカード現金化を疑われて利用停止されやすい決済があるのです。

利用停止されやすい決済。それは、ショッピング枠ぎりぎりの決済

ショッピング枠が30万円なら、29万9千円など、枠ぎりぎりの決済を行うと利用停止のリスクが高まります。高額の買い物をして、一気にクレジットカード現金化をするのではないかと思われるからです。

このようなぎりぎり高額決済は避けた方が無難です。

クレジットカード現金化業者を選ぶ

利用停止されない方法としては、クレジットカード現金化業者をよく選ぶこともポイント

情報に通じた優良業者は、敏感に利用停止を行うクレジットカードをよく知っています。現金化の際に利用停止されない方法をアドバイスしてくれるような、気遣いを見せる現金化業者を選びましょう

カード利用停止になったら原因ごとに対処しよう

クレジットカードとお金

原因別の対処法

カード利用停止には、利用停止に繋がった原因があります。カード利用停止に対処するためには、利用停止に繋がった原因を解決することが基本です。

解決法は原因ごとに異なります。カード利用停止ごとの対処法を、順番に見て行きましょう。

① 盗難などが原因

クレジットカードを盗まれたなど、犯罪に巻き込まれたり、犯罪被害の可能性があったりする場合は、クレジットカードを再発行することが可能です。

まずは使っているクレジットカードの窓口に連絡し、自分からクレジットカード利用停止を申し出ましょう。カードを止めて、窃盗犯などに使われないようにするためです。

カード利用停止を行ってから、カード会社に再発行の手続きを進めてもらいましょう。

② 不正利用の疑いが原因

似たような決済が複数回あった場合や、ゲーム機などのクレジットカード現金化によく利用される商品を一気に複数台購入した場合。何時も日本で利用されているクレジットカードが、海外の遠い国で利用された場合などに、クレジットカード会社は「他人が不正利用しているのではないか」といぶかしむことがあります。

不正利用に対してはカード会社で監視を行っているため、怪しい決済があればカード利用停止されることがあるのです。

自分のカード利用なのに利用停止されてしまった場合は、使っているクレジットカードの窓口へ連絡してください。不正利用の疑いが晴れれば、すぐにクレジットカード利用停止が解除されます。

③ 使用分を払っていない

カードの引き落とし口座にうっかりお金を入れ忘れていたなどの理由で利用料の引き落としができなかったケースです。

利用料が引き落としできなかった場合、利用料を支払うまでカード利用停止措置が取られます。カードが使えなくなって利用料の引き落としミスに気づいたら、早急にクレジットカード会社へと連絡しましょう。支払いをすれば、基本的にカード利用停止を解いてもらえます。

支払いを長期滞納していたなどの事情があると、契約内容の変更や解約などが行われる可能性があります。使用料を払っていないためにカード使用停止になった場合は、急いで対処したいものです。

④ 利用限度額を超えてしまった

クレジットカードには金額の枠が設定されているため、枠を超えてしまうと使用できません。

枠が10万円あったとします。他に決済していなかったので、枠は丸ごと10万円分残っていました。クレジットカードを利用して12万円の買い物をしようと思いましたが、できませんでした。枠が足りないからです。

枠が足りない場合は、一時的に枠を広げて欲しい旨クレジットカードに申し出れば「利用枠の一時引き上げ(一時増枠)」で対処してもらえる可能性があります。何時も枠が足りない場合は、継続的に枠を引き上げてもらう「利用限度額引き上げ」という手続きも可能です。

ただし、枠の引き上げを許すかは最終的にクレジットカード会社の判断だという点に注意しましょう。

⑤ 利用規約違反が原因で停止された

クレジットカードを利用する上で会社と結んだ約束を破ると、カード利用停止になります。

規約違反のカード利用停止は解除が難しいため、カンタンに対処して使えるようにする方法がほぼないのです。不正利用を疑われたケースなどはカード会社に連絡すればカンタンに解除してもらえましたが、規約違反の場合は望み薄になります。

1つのカードが利用停止されても、他のクレジットカードは生きている場合があります。カードを2枚以上持っているなら、別のカードで決済するのも方法のひとつ。ただし、停止理由によっては他カードも利用停止や解約などの措置を取ることがあるため、現実的な方法ではないかもしれません。

対処法としては「別の金策を利用する」という方法が考えられます。

カードローンや家族から一時的に借りるなど、急場のお金を用意しましょう。クレジットカード利用停止の理由を確認し、利用について再考することも重要です。

カード利用停止は原因に合わせて対処することが重要

カード利用停止は対岸の火事ではなく、カード利用者なら何時経験してもおかしくないことです。不正利用を疑われるケースなどは、日常的に起こる可能性のあるカード利用停止原因ではないでしょうか。

カード利用停止に対処するためには、カード利用停止になる原因を知っておくことが重要になります。原因を知ることで、カード利用停止ケースごとに正しい対処ができるはずです。