クレジット現金化関連用語集



景品表示法(けいひんひょうじほう)
正確には、「不当景品類及び不当表示防止法」という。「景品法」とも呼ばれる。
不当な表示や過大な景品類を規制し、公正な競争を確保することにより、消費者が適正に商品・サービスを選択できる環境を守ることを目的として昭和37年に制定された。
公正取引委員会が所管する。09年度に創設される予定の消費者庁への移管が、消費者行政推進会議の報告書(2008年6月13日)に盛り込まれ、公正取引委員会もこれに合意した。


..