現金化の基礎知識

キャッシュバック率の注意点
もしあなたがクレジットカードのショッピング枠で現金化を行おうと考えた時に、まずどの現金化サービス会社を選ぶか考えるでしょう。
今や、現金化サービス会社はひとつやふたつではありませんね。
新規の方にはいろいろお得なキャンペーンを行っている会社もあります。

キャッシュバック率の設定は、各会社によって設定されていますから違って当然ですが、もし自分が現金化を…と思うなら、キャッシュバック率が高い方が断然いいですよね。
商品の購入額が同じで、手元にキャッシュバックされる金額が高い方が嬉しいのは当然のことです。
しかし、他の会社と比較して、あまりにもキャッシュバック率が高い会社には、何かの理由があるはずです。
もしかすると、わかりにくいからくりがあるかもしれませんから、キャッシュバック率が高いというだけで 安易に飛びつくのはやめましょう。
商品の購入金額にもよりますが、多くの現金化サービス会社が設定しているキャッシュバック率は85%前後です。
購入したものを買い取ってもらい、キャッシュバックしてもらうというシステム上、キャッシュバック率が97%以上というものは まずありえないと考えてください。
もし、そういったサービス会社があったなら、その会社は避けた方がいいでしょう。
では、なぜ97%以上のキャッシュバック率がありえないのでしょうか。
それは、現金化サービス会社においてお客様が買い物をした決済をクレジットカードで行いますね。
カード決済をしたということは、クレジットカード会社が現金化サービス会社にお客様の支払い分を立て替えてくれるということなのです。
ですから、現金化サービス会社は、このクレジットカード会社に手数料を支払わなくてはいけないのです。
「立て替え手数料」とでも言えばわかりやすいでしょうか。その手数料が一番安くても3%なのです。
ということは、キャッシュバック率97%だとして97%分の現金をお客様にキャッシュバックし、さらに一番安い手数料をクレジットカード会社に支払えば、現金化サービス会社の手元には一円も残らないことになります。
また、キャッシュバック率が98%99%となると、現金化サービス会社は完全に赤字になってしまいますよね。
ですから、このキャッシュバック率97%というものは絶対にありえないということなのです。
明らかにおかしいキャッシュバック率を設定している会社はトラブルのもとです。
申し込み後に意味不明の手数料をひかれる、闇金融へのルートとなっていて流されるといった事態にもなりかねませんので、注意が必要です。


..