現金化の基礎知識

高額な商品を買わせて、買い戻すという業者には注意!
通常、クレジットカードには元からキャッシング枠が付いています。キャッシング枠を使い切るとそれ以上お金を借りることはできませんが、キャッシング枠が一杯でもショッピング枠が残っていればカードで買い物はできます。そこで商品を購入するかたちで、それを現金化する方法です。
金券等を買って売るなどして、換金する場合もあれば、商品を購入するかたちを取るものもあります。結果的に現金を手にすることができます。

この場合、いったん購入した金券を、購入者が手にした場合は、金券の持つ性格上、金券を売ることは違法にはなりません。
これまで述べてきたサービスによって購入した商品を、自分で使う分にも、問題がありません。

気を付けなければならないのは、クレジットカードの所有者に、高額な商品を買わせて、それを何割かで、買い戻すという業者がいることです。

物品を買った場合、カード会社への支払いが終わるまでの間、その商品の所有権は、カード会社に留保されていることになっています。
ですので、支払いが終わってないにもかかわらず、その商品を現金化業者に渡してキャッシュバックを得ようとすることは、カード会社への詐欺に当たる可能性があります。

たとえば、クレジットカードのショッピング枠の中で、高額なPCを5台、DVDレコーダー2台の計75万円の買い物をし、これを何割かで、販売したところが、売った商品を買い戻すということは、カード会社への詐欺に当たる可能性があります。
「ショッピング枠の現金化」には違いませんが、買い戻すという約束のもとに、カードの所有者に、こうした高額のものを買わせる業者には、注意が必要です。
商品が手元に送られてこない現金化は犯罪になる、と言っても過言ではありません。



..