現金化の基礎知識

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠
クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」というものが設定されています。

まず、「ショッピング枠」についてお話しましょう。
「ショッピング枠」として、個人差はあるもののほぼ10万単位での金額が設定されています。
これは、純粋に買い物の時の支払いとして利用できる金額と考えてもらって良いでしょう。

次に「キャッシング枠」についてお話します。
「キャッシング」というものは、一番わかりやすく言うと「借金」と考えてもらえば良いでしょう。
現金がどうしても必要で、給料日まで待てないという時に使うもので、「キャッシング枠」に設定されている金額まで借りることができます。
もちろん借金なので、キャッシングした料金に利子がプラスされて支払い請求されることをお忘れなく!
キャッシングをする場合には、お手持ちのクレジットカードが必要です。
提携先のATM(現金自動預払機)やCD(現金自動貸出機)などでお金を借りることができますし、インターネットや電話などでキャッシングの申し込みを行い、指定口座に振り込んでもらうという方法もあります。
ショッピングとキャッシングとでは、利率が違います。また、利息のかからないショッピングはありますが、逆に利息のないキャッシングというものは、おそらくないと言えるでしょう。

ご自分の「ショッピング枠」と「キャッシング枠」というものは、頭のすみに入れておいた方がいいと思います。
ただ、そこで、この「ショッピング枠」「キャッシング枠」について、カード会社によってはわかりにくい表記があるので、補足として説明しておきましょう。

たとえば
 .轡腑奪團鵐囲硲械伊円  うちキャッシング枠10万円
◆.轡腑奪團鵐囲硲械伊円    キャッシング枠10万円

,鉢◆△海瞭鵑弔良週の違いがわかるでしょうか。

まず,砲弔い得睫世靴泙后
この場合、ショッピングとキャッシングの両方をあわせて30万円まで使えますが、キャッシングは10万円までしか使えないという意味です。
つまり、25万円ショッピングしたときには、あと残りの5万円ショッピングかキャッシングができるということです。
逆に、キャッシングで10万円使ったあとでは、あと20万円ショッピングはできますが、もうキャッシングはできないというわけです。

次に△砲弔い得睫世靴泙后
この場合、ショッピング、キャッシングともに単独で使えるということです。
ですから、ショッピング単独で30万円、キャッシング単独で10万円、合計で40万円まで利用可能ということですね。

「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の表記には、「うち」という言葉があるかないかで、内容の差が生じるのです。


..