現金化の基礎知識

クレジットカードの利用限度額
クレジットカードには、利用限度額というものが設定されています。
それは、簡単に言えば、利用者の使いすぎを防ぐためのもの。
財布にほとんど現金が入っていなくても、簡単に決済できるがゆえに、注意しなければならないことが「使いすぎ」なのです。
これは、カードに関するトラブルで一番多いといってもいいでしょう。
自分の思うがままに、クレジットカードを利用していたらどうなるでしょうか。
あっという間に、支払い金額が自分の収入や貯金以上に膨らんでしまいますね。
後日送付される請求書で、初めてその金額の大きさに気づかされ、支払うことができなくなってしまうのです。
支払い期限を守らないと延滞金が発生しますから、能力以上の買い物をしたつけは大きく、支払いの際の思わぬ出費を後悔する事へとつながります。
それを防ぐためのものが、「利用限度額」なのです。

クレジットカード会社が発行する「ご利用代金請求書」というものにじっくりと目を通してみましょう。
請求書のどこかに、必ず「ご利用限度額」あるいは「ご利用可能額」というものが記載されているはずです。
たとえば、「ご利用限度額」が50万円と記載してあるなら、「50万円までの買い物が、クレジット払いできますよ」という意味です。
クレジットカード払いというものは、カード会社が自分の代わりに先に代金を払ってくれるシステムですね。
そして、その立て替えてもらった分を、利用者が口座引き落としなどで、返していきます。
返すお金を一括で払ったり、分割したり、という支払い手段は自分で選べますが、
一万円の買い物をして、カード会社へ返すお金が一万円で済むかというとそうではなく、いくらか手数料が取られる場合があります。
たとえば、「一括払いの場合手数料なし」とか「1回や2回払いならば、手数料無料」というカード会社が主ですから、 常に手数料を取られるというわけではないことも頭に入れておいてくださいね。
限度額というものは、その額までならカード会社で立て替えられますよ、という額なのです。

利用限度額というのは、人によってそれぞれ違い、高年収や月々の使用額が多いと、高くなります。
たとえば新入社員がカードを作ると、勤続年数も低く収入が少なため、限度額も少なく設定されますが、 カード会社の審査を得て設定されたものですから、最初は低くても仕方ないものです。
しかし、何年かカードを使っていると限度額も上がってくるのが通常です。



..