現金化の基礎知識

クレジットカードとは
今では、一人一枚はクレジットカードを持っています。
というよりも、一人で複数のクレジットカードを持っている、といった方が懸命かも知れません。
そもそもクレジットカードは、商品を購入する時の支払手段の一つです。
つまり、クレジットカードを一枚持っていれば、お財布代わりに使えるということですね。
クレジットカードには、カード契約者の氏名、個人番号、使用期限などが記載されており、カードには、磁気あるいはICによって個人情報が記録されています。
カード利用者は、支払いの際にカード加盟店でクレジットカードを提示するだけで、買い物ができるという利便性から需要も伸びてきています。
最近では、大手企業のポイントカードや会員カードに、クレジットカード機能が備わったものも増えていますね。
利用者にとっては、カードを二枚所持するところ一枚で済むので、こういった背景がクレジットカードの複数所持につながっているのではないでしょうか。
またクレジットカードを利用した買い物額に応じて、ポイントが貯まるシステムになっているカード会社が大多数です。
つまり、使えば使うだけポイントが貯まるということで、後日貯まったポイントを景品や商品券に変えるシステムですから、お得度もかなり高いものになっています。
また、公共料金の引き落としなどもクレジットカードを経由させる手続きを取れば、クレジットカードで支払ったことになり、ポイントも貯まります。
日頃の、生活の中でポイントが貯まり、カード利用者に還元されることが反響を呼び、公共料金、家賃、普段の買い物、携帯電話などすべての支払いを一つのカードにまとめる方も増えているのです。
クレジットカード会社が、会員に「信用を供与する」という意味で名付けられた「クレジットカード」。
「VISA」「マスターカード」といった世界2大ブランドの他、「アメリカン・エキスプレス」「JCB」「ダイナースクラブ」などの大手有名カード会社は、海外などでの利用が可能です。
海外に旅行などでいった場合、日本円が使えるお店はほとんどありません。
ですから、行先の通貨に合わせて両替をするのですが、大金を現金で持ち歩くのも不安になりますよね。
そのような時にこのクレジットカードが大活躍なのです。
「持っているクレジットカードは、国内のクレジットカード会社だわ…」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、心配ありません。お手持ちのカードをご覧になってください。
おそらく「VISA」「JCB」のマークがついているはずです。
そのマークがあれば、カード加盟店での利用が可能ということなので、いい機会ですからお手持ちのカードをチェックしてみてくださいね。


..